腎マッサージの凄さが一瞬でわかるサイト

>

腎マッサージとは一体どういうものか

マッサージのやり方を紹介

まず手を軽く握ります、そして人差し指と中指と薬指と小指をおへその両脇周辺に置きます。
そしてその後お腹周辺に少し力を加えて、ぐりぐりと上下に動かしていきます。
こうすることでどんどんとお腹周辺の消化不良などがよくなっていき、下痢や食欲の低下などを妨げお腹を良くすることが出来ます。
そして少しずつ横にずらしていき、腎臓のツボをぐりぐりと揉んでいきます。
このツボを揉むことで精力の低下などが妨げられ、体の調子が良くなっていきます。
そしてその後どんどんと外側に手を向けていきます。
外側の腰の部分をぐりぐりと揉みます。ここで腰の部分が刺激され良い効果をもたらし悪寒を妨げます。
そして体の後ろの方まで行ったらそこを揉み、腎臓の調子を整えて終了です。

隠されていること

実は、腎臓を揉むというのは正しい表現ではないと言われています。
腎臓を外側から自分の力などで揉むということは物理的に不可能であるのです。
よってこの腎マッサージは腎臓を直接マッサージして効果を上げることを主としているのではなく、腎臓周辺の体の大事な部分を揉んであげることで体を良くしようというのが主なのです。
もちろん、腎臓もしっかりとこのマッサージで揉まれますが、それ以外にも大切な副腎と呼ばれる所などがあり、そこも腎マッサージで刺激されるので体にとても大きな元気を生み出すのです。
また、腎マッサージによって腎不全といった重い病気を治療することは不可能だと言われていますが、この腎マッサージをすることによって予防をすることは出来るのです。
腎マッサージは色々な面でたくさんのメリットがあるのです。


この記事をシェアする